在籍確認が審査時には行われる

まだまだ現金が社会から無くなることはありませんが、もしかしたら現金流通が無くなる可能性はゼロではありません。
現在でもクレジットカードやデビットカードがあればほとんどの支払いをすることが出来るのです。 もし貴方の勤務先への在籍確認がとれなかった場合には、残念ながらクレジットカードの審査は通りません。
日中に連絡をとれないような時には、本社など在籍確認の採れる連絡先を記入するようにしてください。

 

例えば自営業の人は、クレジットカードの審査時に在籍確認をしても、クレジットカード会社にとって意味の無い審査となってしまいます。
そのような場合には、実際に営業しているかどうかは別の審査項目が行われることとなります。 クレジットカード申し込みの在籍確認というのは申し込み審査をする際に給与所得者に対して実施されることとなる確認電話です。
本当に勤務先に在籍しているかどうかを、直接電話をかけることによって確かめることとなります。



在籍確認が審査時には行われるブログ:10月06日

現代社会では、体操不足の人が増えています。
都心部ではクモの巣のように交通手段が張りめぐらされていますから、
頼っている人も多いことでしょう。

体操不足の問題は、都会だけではありません。
わたくしの実家は山奥の田舎ですが、
田舎でも体操不足は問題として浮上しています。

交通手段が乏しい田舎だからこそ、
車が必需品になり、体操不足になってしまうのですね。

また、スピードが加速している時代ですから、
体操する時間そのものがないと嘆いている人もいるでしょう。

でも、大丈夫です!

「体操する時間がない」のなら、アイデアがあります。
体操する時間を別で設けるのではなく、
今の生活の中に体操を取り入れるのです。

シェイプアップのために、ジムに通うことになれば、
時間もお金もかかります。
もちろん、それがあるという人はそれでもいいのですが、
そもそも生活の中で体操するチャンスは、すでにたくさんあります。

例えば、以下のようなアイデアはいかがでしょうか。

買い物に行くときには車を使わず、自転車を使う。
駅までの往復に自転車を使わず、歩いて通う。
駅はひとつ手前で降りて、歩いて家まで帰る。
ひとつ上の階や下の階であれば、階段を使う。

ちょっとした工夫ですぐに実現できますね。
今の生活に取り入れるだけですから、今日からでもすぐに始められます。

「都会だから」「田舎だから」「時間がないから」「お金がないから」
すべて言い訳です。

「体操をするきっかけがない」という人に最も必要なのは、
「時間」ではなく「工夫」なのです。

ほんの少し工夫をすれば、
どんなに忙しい日々であっても、
体操する時間を作り出すことができるのです。

さあご飯食べよ〜っと。